for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米イラン核協議、崩壊の危機に直面 EU外相「最終文書は準備済み」

3月11日、イラン核合意修復に向け最終段階に入っていた米国とイランの間接協議が一転、崩壊の危機に直面していることが分かった。ロシアによる土壇場の要求をきっかけに妥結間近とみられた交渉が宙に浮いており、ここにきて交渉を中断せざるを得なくなっているためだ。写真は2021年3月、ウィーンで撮影(2022年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン 11日 ロイター] - イラン核合意修復に向け最終段階に入っていた米国とイランの間接協議が一転、崩壊の危機に直面している。ロシアによる土壇場の要求をきっかけに妥結間近とみられた交渉が宙に浮いており、ここにきて交渉を中断せざるを得なくなっているためだ。

間接協議の仲介役を担うロシアのラブロフ外相は5日、ロシアのイランとの貿易などは対ロ制裁で妨げられないことを保証するよう米国に突然要求。ウクライナ侵攻に対して制裁を強める西側諸国には受け入れられない要求で、米政府はすぐさま、核合意とは全く関係ないと拒絶した。

交渉が決裂すれば、イランにとって核兵器開発は目と鼻の先となり、中東で新たな戦争が勃発する恐れもある。また、欧米がイランにさらなる厳しい制裁を課せば、ウクライナ紛争によりすでに圧迫されている世界の石油価格がさらに高騰しかねない。

欧州連合(EU)のボレル外交安全保障上級代表(外相)はツイッターに「外的要因により、ウィーン会談の一時中断が必要だ」と投稿。「最終文書は基本的に準備が整っており、テーブルの上にある」とした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up