for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラン、地下施設に遠心分離機を追加設置=IAEA

 4月21日、イランが中部ナタンズの地下ウラン濃縮工場に高性能の遠心分離機を新たに設置した上、増設を計画していることが、国際原子力機関(IAEA)の報告書で分かった。2019年9月、ウィーンで撮影(2021年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン 21日 ロイター] - イランが中部ナタンズの地下ウラン濃縮工場に高性能の遠心分離機を新たに設置した上、増設を計画していることが、国際原子力機関(IAEA)の報告書で分かった。2015年の核合意に違反する動きを強めている。

ロイターが入手した報告書によると、同工場に最大1044台の遠心分離機「IR2m型」で構成するカスケード6組と最大348台の「IR4型」で構成するカスケード2組が設置され、その一部が稼働しているという。

4月1日時点の報告書では、イランは同工場で696台のIR2m型と174台のIR4型を稼働させているとしていた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up