for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

IAEA理事会、イラン未申告施設巡り欧米が声明 3分の2が支持

 国際原子力機関(IAEA)の理事会で9月14日、イランに未申告施設でウランが検知された問題について説明するよう求める声明を米英仏独が提出し、35理事国の3分の2が支持した。声明に法的拘束力はない。2021年6月撮影(2022年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ウィーン 14日 ロイター] - 国際原子力機関(IAEA)の理事会で14日、イランに未申告施設でウランが検知された問題について説明するよう求める声明を米英仏独が提出し、35理事国の3分の2が支持した。声明に法的拘束力はない。

IAEA理事会は6月、イランの協力が不十分なためこの問題が解明されていないことに深い懸念を示す決議案を採択。今月7日の報告書では、その後イランによる関与や進展はないと指摘していた。

米英仏独は今回、6月の決議を支持する共同声明を発表。イランに対し、法的義務を果たすべく直ちに行動し、問題解決に向けたIAEAの申し出を速やかに受け入れるよう求めた。

声明を支持した国は23カ国で、ブラジルやメキシコ、南アフリカ、インド、パキスタン、マレーシアなど12カ国は賛同しなかった。6月の決議案は30カ国が賛成した一方、ロシアと中国の2カ国が反対、インドやパキスタンなどが棄権していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up