November 5, 2019 / 9:44 AM / 11 days ago

イラン、フォルドゥの核施設で遠心分離機にガス注入へ=大統領

[ジュネーブ 5日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は5日、2015年の核合意で定められた義務に違反する措置をさらに導入し、6日に中部フォルドゥの核関連施設で1044台の遠心分離機にガスを注入すると表明した。

同大統領は国営テレビで生放送された演説で、イランがこれまで導入した核合意に違反する措置はすべて撤回することが可能で、核合意に署名した他の国々がすべての合意事項を順守すればイランもそうすると語った。

同大統領は「(核合意に署名した国々が)合意を順守すればガスの注入は停止する。この措置は撤回することができる」としたうえで、「われわれが合意を完全に順守する一方で、他の署名国が順守しないということは受け入れられない」と強調。

核合意の下では、イランはガスを注入せずに遠心分離機を稼動させることが許されていると指摘した。

イランは4日、ウラン濃縮に使われる最新型の高性能遠心分離機を設置したと発表した。

核合意を離脱した米国の制裁強化で経済が疲弊するイランは、核合意の履行を停止する措置を段階的に導入している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below