for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラン大統領、核合意で「欧州は米をまねるな」 核兵器求めず

[ドバイ 22日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は22日、2015年の核合意への対応を巡って欧州諸国は米国のまねをすべきでないと警告した。また核合意の有無にかかわらず、イランは核兵器を求めないと主張した。

ロウハニ氏は公式ウェブサイト上で、米国が核合意から離脱したことは間違いだったとした上で、「欧州諸国が米国と同じ過ちを犯して合意に違反するなら、その責任を負うことになる」と述べた。

同時に「核合意があろうとなかろうと、国際原子力機関(IAEA)との関係が良かろうと悪かろうと、イランは核兵器を求めない」とした。

英仏独が国連制裁の再開につながる紛争解決手続きを始める中、イランは制裁に関する議論が国連に持ち込まれた場合、核拡散防止条約(NPT)から脱退する恐れがあると表明している。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up