for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラン外相、核協議での欧州の姿勢批判 「建設的でない」

イランのアブドラヒアン外相は23日、17日に中断したイラン核合意再建に向けた交渉について、欧州の交渉担当者の姿勢が建設的でなかったと指摘し、新たなイニシアチブを提示しなかったと批判した。写真は5月23日、ウィーンで撮影(2021年 ロイター/Leonhard Foeger)

[23日 ロイター] - イランのアブドラヒアン外相は23日、17日に中断したイラン核合意再建に向けた交渉について、欧州の交渉担当者の姿勢が建設的でなかったと指摘し、新たなイニシアチブを提示しなかったと批判した。イラン国営メディアが伝えた。

同相は「われわれは、一部の欧州諸国、特にフランスの姿勢が建設的でないと考えている」と述べ、イランの核開発に対する懸念払拭を望んでいるのであれば、全ての制裁を解除すべきだと主張した。

同相の発言に先立ち、核合意の再建に向けた米国とイランの間接協議の仲介役を担う欧州連合(EU)欧州対外活動庁とロシア当局者は、17日にいったん中断した協議を27日に再開すると明らかにした。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up