for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラン核施設で異常発生、原子力長官は「テロ」と断定

7月11日、イラン原子力庁のサレヒ長官は同国中部ナタンズの核施設で起きた異常事態について「テロ」によるものだと断定した。ナタンズの核施設で2005年3月撮影(2021年 ロイター/Raheb Homavandi)

[ドバイ 11日 ロイター] - イラン原子力庁のサレヒ長官は、11日に同国中部ナタンズの核施設で起きた異常事態について「テロ」によるものだと断定した。国営テレビが伝えた。

イスラエルの公共放送KANは複数の情報機関筋の話として、イスラエルの諜報機関モサドがサイバー攻撃を仕掛けたと報じている。ただイスラエル政府は公式コメントを一切出していない。ネタニヤフ首相はナタンズの施設に直接言及はせず、「イランの核武装化を阻止する戦いは重大な任務だ」とだけ発言した。

イランの国営メディアによると、原子力庁の広報担当者はナタンズの施設で電気配線に問題が発生したと説明。死者や放射能汚染はないという。

ナタンズの施設はイランのウラン濃縮化プログラムの中核を担う存在で、10日に新型の遠心分離機を稼働させたばかり。国際原子力機関(IAEA)の査察対象にもなっている。

サレヒ氏は「イランはこの卑劣な行動を非難するとともに、国際社会とIAEAが核テロリズムに対処する必要があると強調する。そしてわれわれには加害者に罰を下す権利がある」と語った。

イスラエルは同国向けに使用する核兵器をイランが開発していると主張。イランは核開発の目的はあくまで平和利用だと反論している。

IAEAの広報担当者は電子メールで「われわれはこの件の報道を承知している。現時点でコメントはない」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up