May 14, 2018 / 1:19 AM / 4 months ago

核合意、イランの利害守られるなら維持する=ロウハニ大統領

[ドバイ 13日 ロイター] - イランのロウハニ大統領は13日、米国が離脱を表明した2015年の核合意について、自国の利害が守られるなら合意を維持するとの考えを示した。

 5月13日、イランのロウハニ大統領は、米国が離脱を表明した2015年の核合意について、自国の利害が守られるなら合意を維持するとの考えを示した。写真は核合意について述べる同大統領。8日撮影。カブールTV提供(2018年 ロイター)

また、同国のザリフ外相は、米国抜きで合意を再構築する可能性に期待を示した。

ロウハニ大統領は国営テレビで、米国の離脱は「モラルに反している」と非難した。その上で、「残りの5カ国が引き続き合意を順守するなら、イランは合意にとどまる」と述べた。

ザリフ外相は12日、合意の存続を目指して中国、ロシア、欧州訪問に出発した。最初の訪問先となった中国で13日、中国など関係国への訪問で、核合意について明確な将来図を描くことができるよう願うと語った。

中国の王毅国務委員兼外相は「中国はイランを含む全ての当事者との対話と連携を維持し、合意を存続させるための客観的で公正かつ責任ある態度をとる用意がある」と表明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below