for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラン、ロケット搭載装置の軌道投入に失敗 米独仏は懸念表明

12月31日、イラン国防省の報道官は前日にロケットで打ち上げた3つの実験装置を軌道に乗せることができなかったと述べた。写真は2021年12月30日に打ち上げられたロケット(2022年 ロイター)

[ドバイ 31日 ロイター] - イラン国防省の報道官は31日、前日にロケットで打ち上げた3つの実験装置を軌道に乗せることができなかったと述べた。

同報道官は国営テレビの番組で「実験装置が軌道に乗るためには、毎秒7600メートル以上の速度が必要だ。ロケットの速度は7350メートルだった」と発言した。

イラン国防省は30日、人工衛星を搭載するロケットの打ち上げに成功したと発表していた。軌道に達したかどうかは明らかにしなかったが、同省報道官はこれが人工衛星を軌道に乗せるための実験であることを示唆していた。

米国はイランの宇宙開発計画に懸念を示しており、ドイツ外交筋も30日、ロケット打ち上げをやめるようイランに要請。31日にはフランスも同調し、イラン核合意違反だとして遺憾の意を表明した。

一方、イラン外務省は、米独仏からの批判を一蹴。「航空宇宙分野を含む科学研究の進展はイラン国民の譲れない権利であり、こうした干渉は同分野での進歩を目指すイラン国民の決意を損なうものではない」との声明を発表した。

イラン政府は、宇宙開発が弾道ミサイル開発の隠れ蓑であることや、イラン核合意違反であることを否定している。

2015年のイラン核合意では、イランに対し弾道ミサイルの開発を最長8年間は控えるよう「要請」している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up