for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラン、韓国タンカーの人質利用の疑い否定

[ソウル 5日 ロイター] - イランは5日、韓国船籍の石油タンカーの拿捕について、タンカーと乗組員を人質として利用しているとの疑いを否定した。ただ同時に韓国に対し、米国の制裁措置の下で凍結されている70億ドルの資金を利用可能にするよう圧力をかけた。

イラン革命防衛隊は4日、ホルムズ海峡付近で「MT韓国ケミ」号を拿捕した。イラン外務省は同日、韓国による70億ドルの資金凍結解除に向け協議するため、韓国当局が数日中にテヘランを訪れる見通しと発表している。

イラン政府報道官は記者会見で「イランは嫌疑をかけられることに慣れている。人質事件があるとしたら、それはイランが所有する70億ドルの資金を不当に凍結している韓国政府によるものだ」と述べた。

拿捕されたタンカーの乗組員は20人。イランの駐韓国大使は、乗組員は「全員無事」としている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up