September 3, 2019 / 5:37 PM / 17 days ago

仏がイランに信用供与枠の設定提案、150億ドルか 米の承認必要

[パリ/ドバイ 3日 ロイター] - フランスは、イランが2015年の核合意に完全復帰することなどへの見返りとして、石油収入を担保とした信用供与枠の設定を同国に提案した。金額としては150億ドル相当が検討されているもようだ。

フランスのルドリアン外相は記者団に対し、信用枠に関する協議は継続中とした上で、米国の了解を得ることが条件になると指摘。「イラン核合意(包括的共同作業計画、JCPOA)への復帰や湾岸地域の安全確保、(核合意が失効する)2025年以降の核計画に関する交渉開始の見返りとして、信用供与枠を設定する。当該措置はトランプ大統領による免除を前提としている」と語った。

あるイラン当局者は「とりわけフランスなど欧州連合(EU)には善意が見られるが、彼らは米国に協力するよう説得しなければならない。さもないとイランは本気で核合意を巡る約束を破棄していく」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below