May 15, 2018 / 12:31 AM / 2 months ago

世界の石油供給、イラン輸出削減でも潤沢=米ホワイトハウス文書

[14日 ロイター] - 米トランプ政権が対イラン制裁の再開を準備する中、ホワイトハウスは国務省への文書で、イランからの石油輸出が「大幅に削減」されても耐えられるほど、世界の供給は十分に潤沢だとの見解を示した。

 5月14日、米トランプ政権が対イラン制裁の再開を準備する中、ホワイトハウスは国務省への文書で、イランからの石油輸出が「大幅に削減」されても耐えられるほど、世界の供給は十分に潤沢だとの見解を示した。 写真は昨年10月、ペンシルバニア州で撮影(2018年 ロイター/Brendan McDermid)

14日付の文書は、イラン以外からの国の石油と石油製品について、海外の金融機関がイランから購入する石油と石油製品の量が大幅に削減されても「十分な供給」がある、と指摘した。

トランプ大統領は8日、イランと欧米など6カ国が2015年に締結した核合意から離脱し、対イラン経済制裁を再開すると表明した。[nL3N1SF5VQ]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below