June 25, 2020 / 5:49 AM / 15 days ago

中ロ、対イラン武器禁輸延長に反対なら国連で孤立=米特別代表

 6月24日、米国務省のイラン担当特別代表ブライアン・フック氏(写真)は23日夜、ロイターのインタビューで、国連安全保障理事会の対イラン武器禁輸の延長をロシアと中国が阻止すれば、両国は国連で孤立するとけん制した。写真は浙江省で2017年12月撮影(2020年 ロイター/Aly Song)

[ニューヨーク/ワシントン 24日 ロイター] - 米国務省のイラン担当特別代表ブライアン・フック氏は23日夜、ロイターのインタビューで、国連安全保障理事会の対イラン武器禁輸の延長をロシアと中国が阻止すれば、両国は国連で孤立するとけん制した。

2015年のイラン核合意に基づき、同国に対する武器禁輸措置が10月で解除される。安保理で拒否権を持つロシアと中国は延長に反対する考えを示唆している。

フック氏とクラフト米国連大使は24日、安保理理事国に対し禁輸を延長する米決議案を支持するよう訴えた。

フック氏はロイターに「ロシア・中国と国際社会の間の溝が深くなっている」と指摘。先週の国際原子力機関(IAEA)理事会で、ロシアと中国はイランに査察受け入れを求める決議に反対し「孤立した」とし、両国が「ディストピアへの道」を進み続けるなら安保理でも孤立すると述べた。

「禁輸はイランによる全ての武器取引を防いだわけではないが、イランの動きを制限する上で効果があった」と主張。「禁輸の延長は正しいことであり必要だ。全安保理理事国は明言するかどうかは別としてそれを理解している」との認識を示した。

これに対し中国の外交官は「米国の決議案は実質的に(イランに)最大の圧力をかける政策の継続であり、協議する価値はなくたたき台にならない」との見方を示し「採択される可能性はない」と言明した。

米国は安保理がイランへの武器禁輸を延長しなければ、イラン核合意に基づき国連の対イラン制裁を全面的に復活させる手続きを取ると主張している。そうなれば核合意は崩壊する公算が大きい。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below