June 29, 2020 / 3:24 PM / 11 days ago

イラン、トランプ氏の逮捕状取得 司令官殺害関与の疑い

イラン検察当局は29日、イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官の殺害に関与したとして、トランプ米大統領ら当局者の逮捕状を取得し、国際刑事警察機構に「国際逮捕手配書」の発行を要請した。写真はソレイマニ司令官の顔写真と米国旗の一部。1月21日、テヘランの元米大使館の建物前で撮影(2020年 ロイター/Nazanin Tabatabaee/WANA (West Asia News Agency) via REUTERS)

[ドバイ 29日 ロイター] - イランの検察当局は29日、イラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官の殺害に関与したとして、トランプ米大統領のほか35人の当局者の逮捕状を取得し、国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)に「国際逮捕手配書」(赤手配書)の発行を要請した。イランのファルス通信が報じた。

米国は今年1月3日、イラクの首都バグダッドの空港でソレイマニ司令官らを乗せた車列を空爆し、同司令官を殺害。国防総省は声明で「トランプ大統領の指示により、米軍は海外に駐留する米職員を守るため、ソレイマニ司令官を殺害することで断固とした防衛措置を講じた」と表明した。[nL4N2980GH]

イラン検察当局は殺人とテロリスト行為に対する逮捕状を取得したと表明。トランプ大統領の任期切れ後も責任を追求し続けるとした。

トランプ氏以外の逮捕状取得者には軍関係者らが含まれるとしたが、詳細については明らかにしなかった。

この件について米国務省のイラン担当特別代表ブライアン・フック氏は、「政治的な性質を持つ問題で、国家安全保障のほか、国際平和や国際安定の促進に一切関係ない」と指摘。イランのプロパガンダに過ぎないとし、国際刑事警察機構は国際逮捕手配書の発行に応じないとの見方を表明した。

インターポールは声明で「いかなる政治、軍事、政治、人種に絡む介入や活動」への関与は禁じられているとし、こうした内容の「要請を検討することはない」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below