Reuters logo
サウジ・エネルギー相がイラク訪問、経済協力強化呼びかけ
2017年10月23日 / 02:25 / 1ヶ月前

サウジ・エネルギー相がイラク訪問、経済協力強化呼びかけ

[バグダッド 21日 ロイター] - サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相は21日、訪問先のイラクで、両国の経済協力強化を訴えた。

ファリハ氏は当地で開催されたイベントで講演し、イラクとサウジの協力が「石油市場で見受けられている回復と安定」に寄与していると強調した。

サウジの閣僚がイラクの公の場で講演するのは、過去数十年で初めて。イラクのフセイン政権による1990年のクウェート侵攻をきっかけに両国の関係は悪化したが、両国は2015年、関係修復に着手した。

ただ、03年のイラク戦争でフセイン政権が崩壊。米国の占領下で、イランに近く、イラクで多数を占めるシーア派の政党が権力を持ったことで、サウジとイラクの緊張関係は続いている。

ファリハ・エネルギー相は、両国が設立する共同委員会が「経済的な提携の確立を加速し、協力と経済的な補完関係を復活させるための措置について検討する」と語った。

イラクはサウジとの関係密接化で経済的な恩恵を受けたい考え。一方サウジは、イラクとの関係強化により、湾岸地域におけるイランの影響力を押しとどめる意向だ。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below