January 5, 2020 / 11:45 PM / 7 months ago

ローマ教皇が対話と自制呼びかけ、イラン司令官殺害念頭か

[ミラノ 5日 ロイター] - ローマ教皇フランシスコは、米国によるイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官殺害から2日を経た5日、対話と自制を呼びかけた。

教皇はローマ教皇庁(バチカン)で行われた日曜のお告げの祈りの講話で、イランを名指しせず、世界の多くの地域で恐ろしい緊張の雰囲気を感じることができると指摘。「全勢力に対し、対話の枠組みと自制を維持し、敵意の影を退けるよう呼びかける」と述べた。

また、「戦争は、死と破壊しかもたらさない」とした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below