for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イラク北部の製油所にミサイル、タンク一時炎上

 イラク治安部隊によると、北部のクルド人自治区、クルディスタン地域のアルビル市で5月1日、石油精製施設がミサイル攻撃を受けた。写真は3月のイランによるミサイル攻撃で破壊された建物。3月撮影(2022年 ロイター/Azad Lashkari)

[アルビル(イラク) 1日 ロイター] - イラク治安部隊によると、北部のクルド人自治区、クルディスタン地域のアルビル市で1日、石油精製施設がミサイル攻撃を受けた。攻撃で主要タンクの一つが火災を起こしたが鎮火したとしている。

施設の外部フェンスにもミサイルが着弾したが、人的被害はないという。

クルディスタン地域のテロ対策当局は1日、アルビルのKAR製油所の付近にミサイル6発が着弾したと発表。ミサイルは北部ニネベ州から発射されたとしていた。

治安部隊は、ミサイル攻撃後、ニネベ平原で発射台とミサイル4発を発見し、ミサイルは無力化したと述べた。

アルビルの製油所周辺には4月6日にもミサイル3発が撃ち込まれている。

3月にはイランがアルビルに弾道ミサイル攻撃を行った。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up