March 11, 2020 / 11:36 PM / 20 days ago

イラクの基地にロケット弾攻撃、米英の軍関係者が死亡=米当局者

[ワシントン 11日 ロイター] - イラクの首都バグダッド北方にあるタジ基地に11日、小型ロケット弾18発が撃ち込まれ、米軍関係者2人と英軍関係者1人が死亡し、10数人が負傷した。複数の米政府当局者が匿名を条件に、ロイターに明らかにした。

当局者らによると、重傷者が複数いるため、死者の数は増える可能性がある。攻撃を仕掛けたのが誰かはまだ不明。イランの支援を受ける武装勢力による犯行との可能性があれば、米・イランの対立が再び激化する恐れがある。

米軍がイラン革命防衛隊の精鋭「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を空爆で殺害し、イランが報復として米軍が駐留するイラク軍基地にミサイルを発射したことから、両国間では年初から軍事的な緊張が走ったが、本格的な衝突は回避していた。

イラクに駐留する米軍主導の有志連合はタジ基地への攻撃について声明を出し、トラックからロケット弾が発射された可能性があると示唆。国籍などの身元情報は明かさず、軍関係者3人が殺害され、10数人が負傷したと確認し、攻撃について調査を行っているとした。

ジョンソン英首相は別の声明で攻撃を非難し、ラーブ外相がポンペオ米国務長官と電話会談を行ったと明らかにした。「この忌まわしい攻撃の細部を把握するため、パートナー各国と引き続き連携を取る」とした。

米軍が駐留するイラクの基地やバグダッドの駐イラク米大使館付近では、イランが支援する民兵組織がロケット弾や砲弾を撃ち込む事件がたびたび起きている。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below