for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

UPDATE 1-アイルランドの医療サービスにサイバー攻撃、首相「身代金払わず」

(情報を追加しました。)

[ダブリン 14日 ロイター] - アイルランドの公的医療サービス提供母体である保健サービス委員会(HSE)は14日、ランサムウエア(身代金要求型ウイルス)による大規模なサイバー攻撃を受けて、すべてのITシステムを停止したことを明らかにした。

情報を最大限保護するための予防的措置。新型コロナウイルスワクチンの接種には影響はないという。HSEは、サイバー攻撃が他のサービスにどのような影響を及ぼすか検証を進めていることを明らかにした。

マーティン首相は記者団に対し「いかなる身代金も支払わないと極めて明確にしておきたい」と述べた。

首都ダブリンのある産婦人科病院では、急病患者などを除き、14日の外来予約を全てキャンセルした。

HSEのポール・リード最高経営責任者(CEO)はアイルランド放送協会(RTE)に「非常に巧妙な攻撃で、並みの攻撃ではない。HSEの中核サービス全てに関わる国と地方のシステム全てに影響が出ている」と発言。

「幸いワクチン接種は継続している。これは別のシステムだ」と述べた。

ハッカー攻撃の影響を受けたのは、主に中央サーバーに保存されていた情報で、医療機関の機器ではないという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up