February 12, 2020 / 12:24 AM / 9 days ago

アイルランド総選挙の結果、格付けにすぐに影響与えない=S&P

[ロンドン 11日 ロイター] - 格付け会社S&Pグローバルは11日、アイルランド総選挙の結果がもたらした不透明感が同国のソブリン格付けにすぐに影響を与えることはないとの見解を示した。

総選挙で左派の野党シン・フェイン党が得票率を前回選挙の約2倍の24.5%に伸ばし、これまで政権を担ってきた中道右派の二大政党である統一アイルランド党と共和党を上回ったため、政界に衝撃が走った。

選挙戦で統一アイルランド党と共和党はシン・フェイン党と連立政権を樹立する可能性を否定していたため、新政権発足に向けた協議が長引く可能性がある。

S&Pのアナリストらはリポートで「現時点で、2月8日の選挙の結果は、われわれのソブリン格付けにすぐに影響を与えない」と指摘。また、選挙やり直しとなる可能性はあるとした。

「アイルランド有権者の前例のない分断が政策の転換につながる可能性があり、債務水準がなお高いにもかかわらず、積極的な財政政策スタンスにシフトすることもあり得る」とした。

S&PはアイルランドにAAマイナスの格付けを付与しており、見通しは安定的となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below