September 3, 2019 / 3:12 PM / in 2 months

米ISM製造業指数、8月は3年ぶり50割れ 貿易摩擦の影響重し

[ワシントン 3日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が3日公表した8月の製造業景気指数は49.1と、前月の51.2から低下し、2016年8月以来初めて景気拡大・縮小の節目となる50を割り込んだ。

米供給管理協会(ISM)が3日公表した8月の製造業景気指数は49.1と、2016年以来初めて景気拡大・縮小の節目となる50を割り込んだ。テネシー州スマーナで昨年8月撮影(2019年 ロイター/WILLIAM DESHAZER)

米中貿易摩擦が企業業況感の重しとなる中、内訳の新規受注や雇用が悪化し、全体を圧迫した。

日本、ユーロ圏、英国、中国ではすでに製造業活動が縮小しており、米国もこれに追随する格好となった。ただ、エコノミストが景気後退(リセッション)の水準とみなす43の水準はなお上回っている。

8月の製造業景気指数はまた、16年1月以来の低水準となり、市場予想の51.1も下回った。同指数の低下は5カ月連続。

ISMは「企業信頼感が著しく低下した」と指摘。「貿易は引き続き最大の課題で、輸出向け新規受注が大きく落ち込んだことがそれを示している」とした。

ナロフ・エコノミック・アドバイザーズの首席エコノミスト、ジョエル・ナロフ氏は「製造業活動が縮小したことで、消費支出が持続するかが今後一段と重要になってくる」と述べた。

内訳では、先行指標として注目される新規受注指数は47.2と、前月の50.8から低下し、12年6月以来の低水準。とりわけ、輸出向け新規受注は4.8ポイント低下し、09年4月以来の水準に落ち込んだ。

雇用指数も47.4と51.7から低下し、16年3月以来の低水準となった。

RDQエコノミクスの首席エコノミスト、ジョン・ライディング氏は「関税や貿易を巡る不透明性が引き続き製造業活動を圧迫し、経済拡大に対するリスクが増大している」ことへの警告と述べた。

業種別では、家具関連、機械、化学製品などの9業種が拡大を報告。一方、輸送機器、一次金属、電気機器・電化製品・部品など7業種が縮小を報告した。

機械メーカーは「業界全体が幅広い減速の兆候を確認し始めている」と報告。電気機器・電化製品・部品メーカーも「関税がサプライチェーンおよび経済全体への負担になっている」と訴えた。

FTNの首席エコノミスト、クリス・ロー氏は「これまでは、世界の製造業活動がリセッションとなる中、米国が1人勝ちという構図となっていた」と指摘。「米政府は貿易摩擦の激化を防ぐことで、こうした状況を助けることができるはずだ」と述べた。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below