March 14, 2019 / 1:26 AM / 6 months ago

イスラエルの農村に動物保護施設、傷ついたブタやロバ憩う

[モシャブ・オーレッシュ(イスラエル) 12日 ロイター] - イスラエル中央部にある農村モシャブ・オーレッシュに、この国で唯一の、傷ついた動物らを保護する施設がある。暮らしているのは、足を1本失ったロバの「ミリー」、足にギプスを付けたヒツジの「ギャリー」、目の見えないヤギの「オメール」など約240頭だ。

2ヘクタールの広さを持つこの「フリーダム・ファーム」(自由農場)は、元ビジネスマンの動物愛護家アディット・ロマーノさん(52)と、元技術者のメイタル・ベン・アリさん(38)が設立した。障害のある動物のシェルターとして、また訪問客の教育施設として利用されている。

大半が殺処分からの救出で、農家から命を救うため運び込まれたり、ミリーのようにけがをして溝に放置されていたケースもある。

年間約100万ドル(約1億1100万円)の運営資金は寄付、クラウドファンディングなどでまかなう。海外からもボランティアが来ているという。

父親とともに訪れた56歳の女性は「人間の将来に不安を感じているが、ここは希望の場所のように思える」と話した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below