for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米大統領、イスラエル・パレスチナの衝突「間もなく収束」と期待

[ワシントン 12日 ロイター] - バイデン米大統領は12日、イスラエルのネタニヤフ首相との電話会談後、記者団に対し、イスラエルとパレスチナ間の衝突は間もなく終わるとの期待感を示した。理由は説明しなかった。

大統領は、ホワイトハウスで記者団に「衝突はすぐにでも収まると期待している。だが、イスラエルには自衛の権利がある」と語った。

また、事態の収拾に向け、バイデン政権の国家安全保障チームがイスラエル、エジプト、サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)のカウンターパートと頻繁に連絡を取っていると明らかにした。

ホワイトハウスの声明によると、バイデン氏はネタニヤフ氏との電話会談で、パレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスなどによるイスラエルへのロケット弾攻撃を非難するとともに、イスラエルの安全保障と合法的な自衛権への支持を表明した。

また、世界中の人々の信仰に重要な地であるエルサレムは平和でなければならないとの考えを示し、米国は同地が安定を取り戻すのを支持すると述べた。

両首脳は、今後も個人的に連絡を取り合い、両政府のチームが緊密に連携することで合意したという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up