for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イスラエル・ハマス軍事衝突、2週目に突入 国際社会の懸念強まる

[ガザ/エルサレム/テルアビブ 17日 ロイター] - イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスによる武力衝突は2週目に突入し、国際社会が懸念を強める中、停戦の兆しは見られない。

 イスラエルとパレスチナ自治区ガザを実効支配するイスラム組織ハマスによる武力衝突は2週目に突入し、国際社会が懸念を強める中、停戦の兆しは見られない。写真はハマスの攻撃に対応するイスラエルのミサイル防衛システム。16日撮影(2021年 ロイター/AMIR COHEN)

イスラエル軍は17日深夜過ぎにイスラエルの都市ベエルシェバとアシュケロンにガザからロケット弾が撃ち込まれたのを受け、「テロ関連の標的」を戦闘機で空爆したと表明。目撃者によると、ガザの道路や治安関連のビル、武装勢力の訓練キャンプや住宅が空爆を受けた。

15日と16日にそれぞれ120発と200発に上ったハマス側からのロケット弾は約60発に減少した。

双方による死者の報告はこれまでのところない。

イスラエルによる16日のガザ空爆では複数の住宅が破壊され、保健当局によると子ども10人を含む42人のパレスチナ人が死亡。ハマスはイスラエルに対するロケット弾攻撃を続けており、国際社会の懸念は強まっている。

ブリンケン米国務長官はエジプト外相との電話会談後、ツイッターへの投稿で「全当事者が緊張を緩和させる必要がある。武力衝突をすぐに終わらせるべきだ」と訴えた。

イスラエルとパレスチナによる軍事衝突を巡り国連安全保障理事会が16日に開いた公開の緊急会合で、トーマスグリーンフィールド米国連大使は「当事者が停戦を求めるなら」米国として支援の用意があると強調した。

ガザの保健当局によると、ハマスがロケット攻撃を始めた10日以降、子ども58人と女性34人を含む197人が死亡。イスラエル当局によると、同国では子ども2人を含む10人が死亡した。

バイデン米大統領は16日、米政権は全当事者とともに持続的な安定確保に向け取り組んでいると語った。イスラム教の祝日イベントで放映された録画ビデオで「パレスチナ人もイスラエル人も、同じように安心して安全に生活し、同等の自由と繁栄と民主主義を享受する権利があると信じている」と強調した。

ヨルダンのアブドラ国王は、イスラエル軍による緊張激化を停止するために集中的な外交を展開していると表明。詳細には踏み込まなかった。

イスラエル軍によると、過去1週間にハマスと他の武装勢力がガザから発射したロケット弾は2800発を超えた。その多くがイスラエルによって迎撃された。

ハマスは直近の攻撃について、イスラエルによる「一般市民への攻撃」への報復だと説明した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up