December 26, 2018 / 1:12 AM / 3 months ago

イスラエル、ダマスカス近郊をミサイル攻撃=シリア国営メディア

 12月25日、シリアの国営メディアによると、首都ダマスカス近くでイスラエル軍の戦闘機によるミサイル攻撃があり、シリアの兵士3人が負傷した。ミサイル攻撃を受け上がる噴煙。ダマスカス近郊で撮影(2018年 ロイター/Omar Sanadiki)

[ベイルート 25日 ロイター] - シリアの国営メディアによると、首都ダマスカス近くで25日にイスラエル軍の戦闘機によるミサイル攻撃があり、シリアの兵士3人が負傷した。

同メディアによると、シリア軍の関係筋は「われわれの防空システムはレバノン領土の上空からイスラエルの戦闘機が行った敵対的ミサイル攻撃に対応し、標的に達する前に大半のミサイルを撃ち落とした」と語った。兵器庫の1つが攻撃を受け、3人が負傷したと続けた。

イスラエル軍の報道官は同報道についてコメントを差し控えた。同軍の公式ツイッターはその後、「IDF(イスラエル国防軍)防空システムがシリアから発射された対空ミサイルに反応して作動した」と説明している。

英国に拠点を置く「シリア人権監視団」は、イスラエル軍のミサイルはレバノン領土の上空から発射され、ダマスカス西部と南西部の農村地域を標的にしたと指摘。複数のミサイルがレバノンの民兵組織ヒズボラあるいはイラン軍部隊の兵器庫を直撃したという。死傷者はいないとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below