for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

昨年のイスラエル・フィンテック企業投資、前年比2倍 金額は過去最高

[テルアビブ 17日 ロイター] - イスラエルの非営利団体(NPO)であるスタートアップ・ネーション・セントラル(SNC)は、2019年の同国のフィンテック企業に対する投資が107%増加し、過去最大の18億ドルに達したとのリポートを発表した。

フィンテック投資でイスラエルは、中国、米国、英国、インドに次ぐ世界5位で、世界全体の5.1%を占める。

昨年イスラエルのフィンテック企業が行なった資金調達のうち、1億ドルを超えたのは6件で、前年の1件から大幅に増加した。

2019年全体の資金調達で海外投資家が占めた割合は69%、前年は57%だった。

SNCは、フィンテック企業も他のハイテク部門同様に新型コロナウイルス危機による衝撃から逃れられていないと指摘。SNCのフィンテック部門トップYair Fonarov氏は「現在では、海外投資家は距離を維持したい可能性がある。一方、国内の投資家はポートフォリオ(に組み込まれた)企業の保護に焦点を合わせるだろう」と述べた。

また、「したがって、若い企業が投資家を見つけるのはより困難となろう」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up