May 30, 2018 / 6:52 PM / 6 months ago

伊・五つ星運動、サボーナ氏の擁立断念を要請 同盟は消極的反応

 5月30日、イタリアの大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」は、ユーロ懐疑派エコノミストのサボーナ氏の経済相擁立を断念するよう呼びかけた。写真はイタリア議会。3月撮影(2018年 ロイター/Tony Gentile)

[ローマ 30日 ロイター] - イタリアの大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」は30日、ユーロ懐疑派エコノミストのパオロ・サボーナ氏の経済相擁立を断念するよう、新政権樹立で連携する極右派の「同盟」に呼びかけた。

五つ星はこれに先立ち、組閣作業を円滑に進めるために、サボーナ氏に指名を辞退するよう申し入れた。

五つ星は同盟と共にサボーナ氏の経済相起用を推していたが、マッタレッラ大統領は先週、同氏の起用を拒否。これを受け、2党が推したジュセッペ・コンテ氏が組閣を断念するなど、イタリアの政局混迷は深まっていた。

五つ星のディマイオ党首はマッタレッラ大統領との会合後、「サボーナ氏と同等の力量を持つ人材を見つけよう」とフェイスブックで呼び掛け、「同盟が合意すれば、政権樹立はなお可能だ」と述べた。サボーナ氏については、政権内で別の役割を担うことができるとの考えを示した。

同盟のサルビーニ書記長は支持者へのテレビ演説で、経済相としてのサボーナ氏抜きで政権樹立を目指すという五つ星の要請に直接言及することはなく、「政権を樹立できることを望む。数時間以内にはっきりするだろう」と述べるにとどめた。

その上で閣僚の人事をサッカー選手に例え、「ゴールキーパーはゴールキーパーの役割を果たし、ストライカーはストライカーを務める」とし、閣僚の役割を交換することはできないとの考えをほのめかした。

*内容を追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below