Reuters logo
アングル:負のサイクルを断ち切れないイタリアの銀行
2017年2月23日 / 07:16 / 9ヶ月後

アングル:負のサイクルを断ち切れないイタリアの銀行

[ミラノ 22日 ロイター] - イタリアの不良債権問題には、一部で改善の兆しも出ているが、銀行はまだまだ過去のツケを払う必要がある━━。不良債権の専門家の間で、こんな見方が浮上している。

 2月22日、イタリアの不良債権問題には、一部で改善の兆しも出ているが、銀行はまだまだ過去のツケを払う必要がある━━。不良債権の専門家の間で、こんな見方が浮上している。写真はブダペストで2011年11月撮影(2017年 ロイター/Laszlo Balogh)

同国では昨年、不良債権の発生ペースが8年ぶりの水準に低下したが、それでも、過去の破綻債権化のペースを踏まえると、今後も年80億ユーロ(85億ドル)程度の償却が新たに必要になる見通しだ。

同国の「貸倒懸念債権」は1300億ユーロ。この債権が実際に債務不履行に陥ると「破綻債権」となる。現在、イタリアの銀行が抱える破綻債権は2000億ユーロに達する。

破綻債権化を防ぐには、融資先の支援が欠かせない。

コンサルティング大手PcWのアソシエート・パートナー、カティア・マリオッティ氏は「貸倒懸念債権は過去のツケだ。不良債権地獄に落ちたくなければ、ツケを払わなければならない」と指摘。「積極的な対応が必要だ」と語る。

PcWによると、2015年は260億ユーロの貸倒懸念債権が、破綻債権化した。

こうした中、問題債権を減らすため、貸倒懸念債権の回収に力を入れているのが、ジェノバの中堅銀行カリジェ(CRGI.MI)だ。

同行では、同族経営の造船会社向けの融資4億2000万ドルが焦げ付いたため、この会社の資本提携を支援するなど、積極的な対応に乗り出している。同行は、資本提携が実現すれば、債権回収の可能性も高まると期待を寄せている。

<売却か差し押さえか>

債権を回収できない場合は、貸出債権の売却か担保資産の差し押さえが必要になるが、債権の売却では、多額の損失が発生するケースが少なくない。

貸倒懸念債権の帳簿価格は現在、平均で額面の約72%。破綻債権の帳簿価格も、額面の約41%に達しているが、国内大手のウニクレディト(CRDI.MI)の不良債権売却では、売却価格が額面の13%にとどまる予定だ。

担保資産を差し押さえれば、融資先の「息の根を止める」ことになり、債権の全額回収は難しい。

通常は、債務再編と企業再編の組み合わせがベストだが、イタリアのように中小企業が多く、銀行側も支店の担当者が1人というケースでは、対応は困難を極める。

不良債権の専門家であるプレリオス・クレジット・サービシングのリカルド・セリーニー最高経営責任者(CEO)によると、貸倒懸念債権の担保資産の大半は不動産。このため、すばやい対応がカギになる。

「未完成の不動産プロジェクトが担保資産の場合、バローロ(ワイン)と違って、時間が立てば立つほど状況が悪化する」(同氏)。

PcWの2015年のデータによると、国内大手20行の貸倒懸念債権の56%は、1年後も貸倒懸念債権のままだった。破綻債権化したのは22%。正常債権化もしくは回収を終えた債権は18%だった。

イタリアの銀行は2012年━15年にかけて1070億ユーロの不良債権を償却。大手6行は、昨年だけで240億ユーロを償却している。

(By Valentina Za)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below