November 21, 2018 / 12:32 AM / 19 days ago

欧州委、イタリア予算案巡り制裁手続き開始へ

 11月21日、欧州委員会は、2019年予算案を巡りイタリアへの制裁に向けた第1段階に入る。写真はユーロ圏財務大臣会議の後会見するイタリアのトリア財務相。19日にブリュッセルで撮影(2018年 ロイター/ERIC VIDAL)

[ブリュッセル 21日 ロイター] - 欧州委員会は21日、2019年予算案を巡りイタリアへの制裁に向けた第1段階に入る。高水準の債務や支出が盛り込まれたイタリア予算案については、債務危機再発につながりかねないと懸念が広がっている。

欧州委は10月、イタリア政府が提出した予算案を拒否。イタリアはその後予算案を再提出したが、その内容は小幅な修正にとどまった。

欧州委は、加盟各国の予算案について、財政赤字や債務が欧州連合(EU)規制に従っているかどうかをチェックする役割を担っている。

欧州委は21日1100GMT(日本時間午後8時)ごろ、全加盟国の予算案について意見書を提出。欧州委はその後、イタリアが公的債務に関するEU法に違反していると指摘する報告書を公表する見通し。

欧州委の報告書は、「過剰財政赤字是正手続き(EDP)」の第1段階。最終的には、イタリアに最大で国内総生産(GDP)の0.2%に相当する罰金を科す可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below