November 26, 2018 / 8:06 AM / 14 days ago

イタリア政府、19年財政赤字目標引き下げの可能性=政府筋

 11月26日、イタリア政府筋は、同国の連立政権が、欧州連合(EU)による制裁発動を回避するため、2019年予算の財政赤字目標について現在の対国内総生産(GDP)比2.4%から、2.0─2.1%に引き下げる方向で協議していると語った。写真はローマで10月撮影(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)

[ローマ 26日 ロイター] - イタリア連立政権が欧州連合(EU)による制裁発動を回避するため、2019年予算の財政赤字目標について現在の対国内総生産(GDP)比2.4%から2.0%付近に引き下げる方向で協議している。政府筋2人が26日、明らかにした。

EUの執行機関である欧州委員会は今月21日、イタリアの予算案がユーロ圏の財政規律を順守していないとして、是正措置を求める過剰財政赤字是正手続き(EDP)に入ることを勧告した。[nL4N1XW49C]

前政権が設定した財政赤字目標のGDP比は0.8%だった。

連立与党の「同盟」と「五つ星運動」の指導者らは、予算問題を協議するこの日の会合を前に、赤字目標引き下げに前向きな姿勢を示した。会合の結果次第では、EU側との対立が解消する可能性もある。

サルビーニ副首相は同日、赤字目標の引き下げ計画についてEUから「好意的な反応」が示されたと述べた。

こうした中、イタリアとドイツの10年債利回り格差は1カ月超ぶりの水準である279ベーシスポイントに縮小。株式市場も2%超上昇した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below