December 17, 2018 / 12:37 AM / 6 months ago

イタリア連立政権、予算案で「完全に意見一致」=与党報道官

 12月17日、イタリア連立与党「同盟」の報道官は、連立を構成する同盟と「五つ星運動」の各トップとコンテ首相が欧州連合(EU)欧州委員会に提示する2019年予算案の「数字や内容」について完全に意見が一致したと述べた。会見する同首相(中央)とサルビーニ氏(右)、ディマイオ氏(左)。ローマで10月に撮影(2018年 ロイター/Remo Casilli)

[ローマ 17日 ロイター] - イタリア連立与党「同盟」の報道官は17日、連立を構成する同盟と「五つ星運動」の各トップとコンテ首相が欧州連合(EU)欧州委員会に提示する2019年予算案の「数字や内容」について完全に意見が一致したと述べた。

コンテ首相と同盟を率いるサルビーニ副首相、五つ星運動を率いるディマイオ副首相はEU財政ルールに基づく制裁手続きである過剰財政赤字是正手続き(EDP)を回避するため、欧州委との協議を続けている。

これを受け連立政権は16日、譲歩案の詳細について詰めの協議を行った。

ANSA通信は「EUの評価が見込まれるさらなる財政縮小で合意をみた」とのサルビーニ副首相の発言を伝えている。

協議は4時間以上に及んだが、詳細はほとんど明らかになっていない。

サルビーニ副首相の報道官は声明で「コンテ、サルビーニ、ディマイオ各氏の間には、EUに送る提案の数字や内容について完全な合意がある」と表明。声明はまた、政府内の緊張を巡る観測やコンテ氏が辞任をほのめかしたとする報道を否定している。

報道官は、予算案には、電気自動車やハイブリッド車に対するインセンティブ(販売奨励金)支給を目的とする高級車への増税が盛り込まれていると説明した。

*内容を追加し、カテゴリーを追加して再送します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below