May 31, 2019 / 4:23 PM / 6 months ago

伊財務省、ミニBOT発行計画なし 「必要性乏しい」

[ローマ 31日 ロイター] - イタリアの経済・財務省は31日、政府による企業への債務支払いを支援するために、短期財務証券(BOT)の名前にちなんだ「ミニBOT」と呼ばれる少額の債券を発行する計画はないと発表した。

ミニBOT構想は連立政権を構成する極右政党「同盟」によって提起され、28日には議会が動議を承認し、政府債務の削減手法の一つとして検討されるべきとした。

議会における動議が法制化されることはほとんどない。

経済・財務省は声明で「行政の支払い遅延の対応に向け、あらゆる種類、特に少額の国債発行という措置は検討されておらず、必要もない」とした。

イタリア債券市場では31日、利回り差が拡大したが、一部のトレーダーはミニBOT構想を巡る懸念が一因と指摘した。

経済・財務省によると、2018年は行政による請求書支払いがおおむね法定期限である60日以内に行われたとし、支払いが平均して16日遅れていた2年前に比べ、状況は「持続的に改善」しているという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below