February 26, 2019 / 9:33 AM / 3 months ago

イタリア、租税支出制度を見直しへ─首相=現地紙

 2月26日、イタリアのコンテ首相(写真)は、次の予算で財源を確保するため、現在の租税支出制度を見直す方針を示した。富裕税の導入、相続税の改正、「戦略的資産」の売却は行わないとも述べた。ストラスブールで12日撮影(2019年 ロイター/VINCENT KESSLER)

[ミラノ 26日 ロイター] - イタリアのコンテ首相は、次の予算で財源を確保するため、現在の租税支出制度を見直す方針を示した。富裕税の導入、相続税の改正、「戦略的資産」の売却は行わないとも述べた。

26日付の現地紙ソレ24オレ紙に掲載されたインタビューで述べた。

首相は、不動産セクターを対象とした総額180億ユーロ規模の民営化計画で預託貸付公庫(CDP)が役割を果たす可能性があるとの認識も示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below