May 21, 2019 / 1:11 AM / 3 months ago

重要データへの中国のアクセス防ぐ必要=イタリア副首相

 5月20日、イタリアのサルビーニ副首相は、個人の財務・健康状況といった慎重に扱うべきデータは国民が管理すべきであり、中国などの非民主主義国家によるアクセスを阻止しなければならないとの認識を示した。演説する同副首相。ミラノで18日撮影(2019年 ロイター/Alessandro Garofalo)

[ミラノ 20日 ロイター] - イタリアのサルビーニ副首相は20日、個人の財務・健康状況といった慎重に扱うべきデータは国民が管理すべきであり、中国などの非民主主義国家によるアクセスを阻止しなければならないとの認識を示した。

米企業に中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)との取引を原則禁じたトランプ米政権の措置について問われた際の発言。

サルビーニ副首相は伊テレビ「La7」に対し「中国は民主主義国家ではなく、帝国主義や統制といった精神を持っている」と主張。また、中国政府が国有企業に対する影響力を持っているとも指摘し、「取り扱いに注意が必要なデータはイタリア人の手にあるべきだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below