May 31, 2019 / 10:03 AM / a month ago

イタリア公的債務、予測上回る恐れ 銀行部門も脆弱=中銀総裁

[ローマ/ミラノ 31日 ロイター] - イタリア中銀は31日、今年の同国の公的債務の対国内総生産(GDP)比が政府の予測以上に上昇する可能性があると警告、2兆3000億ユーロ(2兆6000億ドル)に上る債務を削減するよう求めた。中銀のビスコ総裁は中銀の年次総会向けの講演原稿で「債務の対GDP比が、政府予算で示されている以上に上昇する可能性がある。政府予算では、民営化収入が約180億ユーロに達すると想定している」と指摘した。

政府は今年の公的債務の対GDP比の目標を132.6%に設定している。これは前年をやや上回る水準。

総裁は、国内銀行システムについて、再編のプロセスがまだ完了していないにもかかわらず、新たな景気低迷で打撃を受ける恐れがあるとの見方を示した。

総裁は「まだ再編が終了していない金融部門が再びマクロ経済リスクで打撃を受ける可能性があり、これが脆弱性の源となっていることを意識する必要がある」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below