September 14, 2018 / 3:41 PM / 6 days ago

海外投資家のイタリア国債保有、6月は1年3カ月ぶり低水準=中銀

[ミラノ 14日 ロイター] - イタリア銀行(中央銀行)が14日公表したデータによると、海外投資家が保有する同国債の規模が6月に6643億ユーロ(7770億ドル)と、昨年3月以来1年3カ月ぶり水準に減少した。

5─6月に578億ユーロ減った。

ウニクレディトの債券戦略部門幹部は、非居住投資家の売りに対し、国内の金融機関(140億ユーロ)や家計・非金融企業(130億ユーロ)が買いを入れたと分析する。

欧州中央銀行(ECB)のデータから、7月に国内行がなお買い手(40億ユーロ規模)だったことが分かっており、イタリア中銀のデータからは特に金融機関が短期国債などを活発に取引したと結論付けられると指摘した。

ロイターの試算に基づくと、6月はイタリア国債を保有する海外投資家の割合が34%以下と、4月の37%から低下した。

ECBの債券買い入れプログラムで行われた購入分も含む。同プログラムの買い入れ規模は全体の9─10%程度となっている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below