June 19, 2019 / 12:30 AM / in 3 months

ディマイオ伊副首相、市場警戒しても減税を「少なくとも議論」

 6月18日、イタリアのディマイオ副首相(写真)は、同国政府は財政問題に慎重に対応すると前置きした上で、国債保有者に警戒心を抱かせることになっても減税について議論したいと述べた。5月にローマで撮影(2019年 ロイター//Yara Nardi)

[ローマ 18日 ロイター] - イタリアのディマイオ副首相は18日、同国政府は財政問題に慎重に対応すると前置きした上で、国債保有者に警戒心を抱かせることになっても減税について議論したいと述べた。

ディマイオ氏は、現政権が昨年発足してからイタリアとドイツの国債の利回り差(スプレッド)が拡大したことは、同氏率いる反体制政党「五つ星運動」を含む連立政権に市場はマイナスの先入観を持っていたことを示していると指摘。

「スプレッドは重要で、われわれは責任ある行動を取る。ただ、減税を実施するには大胆な決定が必要で、われわれは少なくとも議論できるようにしたい」と述べた。

「スプレッドが拡大するから議論できないというならば、われわれは家に帰り、格付け会社が政権に就くべきだ」と続けた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below