for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

伊中銀、今年の経済成長予測を2.6%に下方修正 ウクライナ戦争で

 6月10日、イタリア中央銀行は、今年の経済成長率予測を1月時点の3.8%から2.6%に下方修正した。写真はミラノで2018年11月撮影(2022年 ロイター/Stefano Rellandini )

[ミラノ 10日 ロイター] - イタリア中央銀行は10日、今年の経済成長率予測を1月時点の3.8%から2.6%に下方修正した。ロシアのウクライナ侵攻を巡る不透明感が背景。

2023年の経済成長率は1.6%、24年は1.8%となる見通し。従来予想はそれぞれ2.5%、1.7%だった。

ただ今回の予測は、イタリア国家統計局(ISTAT)が第1・四半期の国内総生産(GDP)を0.2%減から0.1%増に修正する前にまとめられた。

この修正により、今年のイタリアの経済成長率は0.4%ポイント押し上げられ、3%前後になるという。

ロシアからのエネルギー輸入が止まる最悪のシナリオでは、経済は今年成長せず、23年に1%ポイント以上減少する。24年にプラス成長に戻るという。

今年のインフレ率予測は、1月時点の3.5%から6.2%に上方修正した。23年の予測は2.7%、24年の予測は2%。従来予想はそれぞれ1.6%、1.7%だった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up