for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イタリア政府、財政赤字をさらに200ー300億ユーロ拡大へ=地元紙

イタリアのデュリゴン経済次官は15日、新型コロナウイルス経済対策の財源を確保するため、今年の財政赤字を追加で200億ー300億ユーロ(357億8000万ドル)増やす方針を示した。写真は、イタリアのドラギ首相。2021年3月12日に撮影。(2021年 ロイター/Guglielmo Mangiapane/Pool)

[ローマ 15日 ロイター] - イタリアのデュリゴン経済次官は15日、新型コロナウイルス経済対策の財源を確保するため、今年の財政赤字を追加で200億ー300億ユーロ(357億8000万ドル)増やす方針を示した。

地元紙イル・メッサッジェロとのインタビューで明らかにした。

ドラギ首相は12日、一段の歳出拡大の承認を来月議会に求める考えを示した。

今週、政府は、企業支援や雇用維持措置の延長を含む320億ユーロ規模の対策を発表する予定。

政府の最新予測では、今年の財政赤字の対国内総生産(GDP)比は8.8%。戦後最悪となる8.9%のマイナス成長を記録した昨年の財政赤字は同9.5%だった。

デュリゴン氏は、ワクチン接種計画は支出のなかで重要な部分で50億ユーロ相当との見込みを示した。政府は9月までに人口の少なくとも80%が接種を受けることを目指している。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up