August 31, 2018 / 7:51 AM / 3 months ago

イタリア予算、「多大な努力」を期待─モスコビシ欧州委員=国内紙

 8月31日、欧州連合(EU)のモスコビシ欧州委員(経済・財務担当、写真)は、イタリアの経済紙ソレ24オレに対し、近く公表されるイタリアの予算法を巡り同国の「多大な努力」を期待していると述べた。写真はブリュッセルで20日撮影(2018年 ロイター/Francois Lenoir)

[ミラノ 31日 ロイター] - 欧州連合(EU)のモスコビシ欧州委員(経済・財務担当)は31日、イタリアの経済紙ソレ24オレに対し、近く公表されるイタリアの予算法を巡り同国の「多大な努力」を期待していると述べた。

イタリアの反エスタブリッシュメント政権は9月に新たな国内総生産(GDP)・財政目標を公表する。内閣は10月下旬に予算案を承認し、同月末までに欧州委員会に提出する見通しだ。

投資家は、政権が提案する減税などがイタリアの債務を拡大させることを懸念している。

モスコビシ欧州委員は「多大な努力」の意味について具体的な数字を挙げなかった。

同委員は「公的債務を制御することはイタリアの国益に合致する」と述べ、イタリアの政権に「約束を順守し、リスクを最小化する賢明な予算案」に向けて作業を進めるよう求めた。

イタリアの債務の対GDP比率は現在132%となっている。

また、モスコビシ委員は対GDPで3%とするEUの財政赤字比率リミットについて「目標ではなく上限」であり、これを上回れば「私が想像すらしたくない困難」がもたらされるとした。

同委員はイタリアとの協議は容易ではないと認めた上で、ユーロ圏離脱に前向きな政治家が同国にいる可能性を「完全に排除」できていないと付け加えた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below