for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

イタリア、62億ドル超の追加インフレ対策を計画

9月8日、イタリア首相府は、エネルギー価格や物価の高騰から企業や家庭を守るため、政府が少なくとも62億ユーロ(62億ドル)の追加支出を計画していると明らかにした。仏ボルドーで2012年12月撮影(2022年 ロイター/Regis Duvignau)

[ローマ 8日 ロイター] - イタリア首相府は8日、エネルギー価格や物価の高騰から企業や家庭を守るため、政府が少なくとも62億ユーロ(62億ドル)の追加支出を計画していると明らかにした。

エネルギー価格上昇に伴い増加した歳入を追加支援策に充てる方針で、議会の承認後に政府が決定する見通しという。

政府は電力・ガス、ガソリン価格高騰の影響を和らげるため今年520億ユーロの予算を既に組んでおり、新たな支援策はこれとは別枠になる。

政府筋によると、追加支援策の規模はまだ確定しておらず、最終的に130億ユーロに達する可能性もある。

ただ、ドラギ首相とフランコ経済・財務相は、財政赤字が今年の目標である対国内総生産(GDP)比5.6%の水準を超えることには強く反対しているという。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up