January 31, 2019 / 11:02 AM / 3 months ago

第4四半期イタリアGDP、前期比0.2%減 景気後退突入

 1月31日、イタリア国家統計局が発表した2018年第4・四半期のGDP速報値は、前期比0.2%減だった。ローマで昨年10月撮影(2019年 ロイター/Tony Gentile)

[ローマ 31日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)が発表した2018年第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比0.2%減だった。第3・四半期のGDPは前期比0.1%減。2四半期連続のマイナス成長となり、景気後退に突入した。

第4・四半期のGDPは前年同期比では0.1%増だった。

ロイターがまとめた第4・四半期GDPのアナリスト予想は、平均で前期比0.1%減、前年比0.3%増。実績値はともに予想を下回った。

2018年のGDPは1%増。2017年の1.6%増を下回った。

ISTATは第4・四半期のマイナス成長について、貿易は良好だったが内需が減少したと説明。速報値のため具体的な数値は公表されていないが、工業部門と農業部門がマイナス成長、サービス部門は「ほぼ横ばい」だったとしている。

イタリア連立政権は、2019年のGDP伸び率目標を1%に設定しているが、イタリア中銀と国際通貨基金(IMF)はともに0.6%と予想。ロイターのエコノミスト調査でも0.7%と予測されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below