April 30, 2019 / 4:16 PM / 22 days ago

伊GDP、第1四半期速報値は前期比+0.2% リセッション脱却

[ローマ 30日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、前期比0.2%増、前年比0.1%増となり、景気後退(リセッション)を脱却した。

イタリアは、前年第3、第4・四半期と2四半期連続で前期比でマイナス成長となっていた。

小幅ながらプラス成長を回復したことは、財政赤字問題などを抱える連立政権にとっては朗報だ。

ロイターがまとめたエコノミストの平均予想は前期比0.1%増、前年比0.1%減だった。

ISTATは、GDP速報値の内訳は公表しないが、製造業、サービス、農業などの活動が活発化したと説明した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below