June 8, 2020 / 9:02 AM / a month ago

イタリア統計局、今年の成長率をマイナス8.3%と予想

6月8日、イタリア国家統計局(ISTAT)は半期経済見通しで、今年の成長率をマイナス8.3%と予想した。ローマで3月撮影(2020年 ロイター/Yara Nardi)

[ローマ 8日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)は8日発表した半期経済見通しで、今年の成長率をマイナス8.3%と予想した。新型コロナウイルスの感染防止のための規制で経済活動が落ち込んだことを受け、昨年12月時点のプラス0.6%から引き下げた。

ISTATは、主に在庫を差し引いた内需の落ち込みの影響で今年の国内総生産(GDP)が減少するとし、家計支出が8.7%、投資は12.5%それぞれ減少すると予想した。

イタリア中銀は今年の成長率をマイナス9.2%、欧州委員会はマイナス9.5%と予想。イタリア政府は4月にマイナス8.0%との予想を示している。

ISTATは今年の予想について、第2・四半期の経済が第1・四半期以上に落ち込んだ後、年後半に持ち直すこと、年後半に新型コロナの深刻な流行が再び起こらないことを前提としていると説明した。

今年の平均失業率予想は9.6%と、昨年12月時点の9.9%から下方修正した。新型コロナ規制で職探しを止めた人が増えていることが背景。4月は約27万4000人が失職したが、失業率は約12年ぶりの低水準だった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below