August 8, 2018 / 10:32 AM / 13 days ago

来年のイタリア経済、成長率低下で赤字拡大へ=経済相

[ミラノ/ローマ 8日 ロイター] - イタリアのトリア経済・財務相は8日、ソレ24オレ紙とのインタビューで来年の同国経済について、成長率の低下によって財政赤字が増大し、公的債務の削減が遅れるとの見方を示した。ただ、堅実な財政政策に注力する方針は変わらないと改めて表明した。

また、公的管理下にある銀行のモンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(モンテ・パスキ)(BMPS.MI)について、政府持ち株を売却する方針を明らかにした。

同相によると、イタリア政府は今年の国内総生産(GDP)伸び率を1.2%と推定している。政府の従来予想は1.5%だった。

また、来年のGDP伸び率についても、従来予想の1.4%から1ないし1.1%に下方修正されると予想した。

同相は「こうした鈍化により、2019年の赤字は(対GDP比)1.2%になる」と述べた。前政権が設定した目標は対GDP比0.8%だった。

経済成長見通しの悪化は、欧州連合(EU)加盟国の予算を監視している欧州委員会と新政権の衝突を招く可能性があるが、トリア経済相は「景気循環を増幅し、経済をさらに鈍化させる財政上の調整を避けるため、委員会と協議している」とも述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below