March 5, 2019 / 10:06 AM / 3 months ago

伊GDP、第4四半期改定値は前期比-0.1% 2四半期連続で減少

 3月5日、イタリア国家統計局(ISTAT)が発表した2018年第4・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比0.1%減だった。速報値の同0.2%減から改定された。前年比では0.1%増から横ばいに改定された。ミラノで2018年5月撮影(2019年 ロイター/Stefano Rellandini)

[5日 ロイター] - イタリア国家統計局(ISTAT)が5日発表した2018年第4・四半期の国内総生産(GDP)改定値は前期比0.1%減だった。速報値の同0.2%減から改定された。前年比では0.1%増から横ばいに改定された。

第3・四半期に続いての前期比0.1%減で2四半期連続のマイナスとなったことから、定義上ではリセッション(景気後退)となる。

今年に入ってからも月次統計は弱いままで、目先の改善は見込めず、状況が悪化する可能性もある。

ただ、GDPの内訳は予想ほど悪くなく、生産減は急速な在庫縮小が原因。国内外の需要のその他の項目は大半が拡大した。

消費支出は前期比0.1%増、政府支出は0.1%減、投資は0.3%増、輸入は0.7%増、輸出は1.3%増だった。

2018年の年間成長率(実働日数未調整のEU算出方法による)は0.9%で、先週公表された数字を確認した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below