August 11, 2019 / 2:20 AM / a month ago

コラム:伊の銀行不良債権処理が進展、欧州銀行同盟を後押し

[ミラノ 6日 ロイター BREAKINGVIEWS] - イタリアの銀行の不良債権問題の前途には、光明が見えている。各行が積極的な処理を進めた結果、不良債権総額はピークだった2015年の3410億ユーロ(3820億ドル)から半減した。貸出債権の不良化ペースも緩やかになってきた。欧州連合(EU)欧州委員会のフォンデアライエン次期委員長にとっては、銀行同盟の完成への道筋を整備する上で、ハードルが1つ少なくなる。

 8月6日、イタリアの銀行の不良債権問題の前途には、光明が見えている。写真はイタリアのバンカ・モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ本店。2017年10月撮影(2019年 ロイター/Stefano Rellandini)

4年前の時点では、イタリアの銀行が抱える不良債権は、ユーロ圏にとって脅威とみなされていた。それ以降、銀行による不良債権処理は大きく進展した。PwCによると、18年末の段階で利払いが滞っている債権の総額は1800億ユーロまで減少した。一方で貸倒引当金は10年前よりも高水準だ。

不良債権処理は今も続いている。先週にはインテーザ・サンパオロ(ISP.MI)が、額面30億ユーロ相当の返済される見込みが乏しい債権(貸出債権の区分で下から2番目)を、不良債権投資の専門会社プレリオスに売却することに合意した。手続きが完了すれば、インテーザの不良債権額は09年を下回る。イタリアの銀行業界全体でも、現在取り掛かっている推定360億ユーロの不良債権の処理が終わると、総額は1440億ユーロと10年前より80億ユーロ多い程度に縮小する。

ただ保有する不良債権の規模は、銀行によってばらつきがある。国内トップ2のインテーザとウニクレディトCRDI.Miの不良債権比率は、いずれも欧州銀行監督機構(EBA)が目標としている5%弱の達成が視野に入っている。半面、政府の管理下にあるバンカ・モンテ・デイ・パスキ・ディ・シエナ(BMPS.MI)や、多くの中小行は、より大幅な処理が必要だ。イタリア経済が停滞していることも、プラスにはならない。

それでもイタリアの銀行業界は、数年前に比べれば環境は改善しているように見える。過去10年で2回の景気後退に見舞われたことで、最も体力の弱い銀行はもはや淘汰された。生き残り組はより強くなり、次の景気悪化局面でも破綻しにくいだろう。資本バッファーが分厚くなったため、今後の損失をカバーする際に株主への依存も低下しそうだ。

EU全体の預金保険制度を創出する案について、ドイツや北欧諸国が反対した理由の1つは、イタリアの不良債権を巡る切迫した事態だった。この制度は、欧州銀行同盟を完成させるためには不可欠だ。

フォンデアライエン氏は、そうした目標を実現するにはなお多くの試練に直面している。しかしイタリアの銀行のバランスシートはもはや主な障害にはならない。

●背景となるニュース

*PwCが7日に公表したリポートによると、18年末のイタリアの銀行の不良債権額は1800億ユーロで、ピークだった15年末の3410億ユーロから減少した。今年初め以降の発表・報告ベースの問題債権取引額は約360億ユーロに達するという。

*イタリア銀行協会(ABI)のデータでは、18年末のイタリアの銀行の不良債権比率は8.7%で、22年までに5%前後に低下すると見込まれている。

*イタリア最大のリテール銀行、インテーザ・サンパオロは7月31日、返済される見込みが乏しい債権をおよそ20億ユーロで不良債権投資の専門会社プレリオスに売却すると発表した。売却額は、この債権の額面の66%前後になる。

*インテーザはこの取引によって不良債権額を318億ユーロと、09年以降で最低の水準にできる。プレリオスは、さらに同行の67億ユーロの不良債権の管理も手掛ける。

*欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会トップのアンドレア・エンリア氏は6月14日、ユーロ圏の大手行の不良債権比率が3.8%となり、EBAが設定した目標の5%を下回ったと明らかにした。

*筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below