August 27, 2018 / 4:08 AM / 3 months ago

焦点:イタリアの橋崩落、なぜ防げなかったか

[ローマ/ミラノ 23日 ロイター] - イタリア北部ジェノバで14日崩落した高架橋の下で暮らす住人は、長年この橋がぼろぼろの状態だと知っていた。この橋から、これまで破片が住宅や車に落下し続けていたからだ。

8月23日、イタリア北部ジェノバで14日崩落した高架橋の下で暮らす住人は、長年この橋がぼろぼろの状態だと知っていた。ジェノバで17日、立ち入り規制区域となった住宅街から見上げた橋の崩落部分(2018年 ロイター/Massimo Pinca)

高架橋の上を走行していた車を巻き込み、43人が犠牲となった事故発生の1カ月前には、住民が高速道路の保守を担当するジェノバの責任者と会合を持ち、対応を質問していた。

隣国フランスとジェノバを結ぶ高速道路が通るこの高架橋は、高さ約50メートル、長さ1.2キロのつり橋で、数十年にわたり海風にさらされ、徐々に腐食が進んでおり、常に補修作業が必要な状態だった。

住民は、我慢の限界に達していた。先月18日の会合では、昼夜を問わず行われる補修作業が睡眠の妨げになっていると、高速道路の運営会社アウトストラーデ・ペル・イタリアの職員2人に対し、彼らが不満をぶつけていたことが、市議会が公開した録音で分かった。

しかし、その席上で建設から51年経ったこの橋の安全性について質問した人は、誰もいなかった。イタリア北部でよく見受けられる、公共機関に対する高い信頼の表れともいえるが、その信頼は今回の崩落事故により、根本から揺らいでしまった。

数十年にわたり橋の下に住み、常態化した補修工事に慣れきっていた住民は、橋が崩落するなど、まったく想像もしていなかったようだ。

この会合では、地元市会議員マウロ・アベネンテ氏が、最も根本的な問いに近づいた。同議員は、「この橋の残る耐用年数について、見積もりは行ったのか」と質問したのだ。だがその問いは、多くの質問にまぎれてしまい、具体的な回答は得られなかった。

自動車やトラック数十台が数千トンのコンクリート片とともに川底に沈んだ今回の事故を受けて、アベネンテ議員は、橋の状態が劣悪だと皆が認識していたと述べて、こう付け加えた。「あそこを通るときは、アクセルを踏み込んでいた」

遅くとも1980年代には、橋から落ちてくる破片によって自家用車が損害を受けた場合に補償を申請するための書類が存在していた、と年金生活者のサルバトーレ・ロレフィーチェさんは語る。

橋の閉鎖や通行制限の必要性にまで考えが及ぶ関係者が誰もいなかったとみられる点についても、今回の大惨事が起きた1つの要素として、ジェノバ検察当局が捜査を進めている。

予防的措置として閉鎖するには、この高速道路が重要すぎると認識されていた可能性を疑っているか、と問われたパオロ・ドビディオ検察官は、「私見かもしれないが、それは捜査の範疇ではない」と答えた。

イタリアのポピュリスト新政権は、ミラノ証券取引所に上場するインフラ企業アトランティア(ATL.MI)傘下のアウトストラーデに対する監督が不十分だったと前政権を批判。橋の重要性から見て、閉鎖や交通規制は最後の手段だと考えていた可能性が高い、と主張している。

崩落した高架橋は、ジェノバ港と他の地域を結び、町の両端をつなぐもので、アウトストラーデが管轄する有料道路の中でも、最も交通量の多い部類に入った。

「この重要性が高いことから、前政権が部分的であっても、閉鎖は最終手段だと考えていた可能性が高い」と、インフラ整備交通省はロイターに文書で回答した。デルリオ前インフラ整備交通相は、現段階で、コメントの要請に応じていない。

<ひどい腐食>

地元住民のコーディネーターを努め、橋の崩落によって自宅からの避難を余儀なくされているジュジー・モレッティさんは、橋の安全を守るため努力しているとの管理会社の説明を信用していた、と話す。

崩落する可能性は、「一度も考えなかった」と語るモレッティさん。「長い雷鳴のような、忘れられない音を聞いた。テラスにいた私のところに娘が飛んできて、橋が崩壊したと言ったとき、どの橋かと尋ねたぐらいだ」

7月の会合では、アウトストラーデの保安幹部であるマウロ・モレッティ氏が、1960年代の完成時には、最先端技術を使ったジェノバの誇りと考えられていたこの橋を、どのように海風が腐食しているかについて、住民に説明した。

Slideshow (4 Images)

この会合で同氏は、橋の補強と補修の新プロジェクトが承認されたと明らかにしたが、その報告はすでに補修工事にうんざりしている住民を、さらにがっかりさせただけだった。住民側は、橋の状態について彼を追及しなかった。だが、トラックが通ると橋が心配になるほど揺れていたと後で話す人もいた。

住民たちは知らなかったが、この会合の時点で、橋の道路面を支える鉄筋の一部がすでに10─20%程度腐食していたことが、ロイターが確認した2月の技術レポートで明らかになった。

これらの鉄筋やワイヤーが、コンクリートの塔から道路面を吊り上げて支えるケーブルとして使われている。橋を担当した建築デザイナーの故リッカルド・モランディ氏によるデザインの特徴として、これらの鉄筋はコンクリートで包まれており、腐食状況を把握するには精密なスキャン装置が必要だった。

大雨が降る中で起きた今回の崩落事故では、ワイヤーの腐食が捜査の焦点の1つだ。携帯電話で撮影された粗い映像を見ると、ワイヤーが1箇所で切れて、路面が200メートルにわたり下の谷に落下したように見える。

インフラ整備交通省に提出された2月の技術レポートでは、専門家がアストラーデによる橋の補修・補強計画を支持する理由として、腐食について簡単に言及している。

橋の閉鎖や交通規制を行わなかった理由を同省に問うと、腐食の状態がそれを必要とするほどではなかった、と回答した。アウトストラーデは、コメントしなかった。

アウトストラーデのためにミラノ工科大学がまとめた昨年10月の報告書も、車の往来による振動に対する腐食したワイヤーの反応に「異常な点」があると指摘していた。ジェノバ港を発着する大型コンテナトラックで、橋の交通量は多かった。

アウトストラーデと同大は報告書の公表を拒んでいるが、その一部が地元メディアにリークされた。報告書を作成した同大学のステファノ・デッラトーレ学部長は、報じられた主なポイントを認めた上で、橋に崩落の危険があると判断するためには、この調査だけでは十分でなかったと述べた。さらなる調査が必要だったと、同氏は語った。

「一部ワイヤーが適切に機能していなかった事実によって、ようやく(補強)工事が行われることになった。それにどれだけの時間的余裕があるかを把握するには、追加調査が必要だった」と、同氏は話した。

インフラ整備交通省とアウトストラーデは、この報告書についてコメントしなかった。

<2つの橋の物語>

昨年、シチリア島南部のアグリジェント近郊にある、今回崩落したものと同時代に建設された橋がぼろぼろになっていることが確認された。この橋も、モランディ氏のデザインだ。

だがこの時は、住民の支持を得た環境団体マレアミコが、橋の安全性を主張する自治体運営者の言い分を信用しなかった。マレアミコは地元検察当局に懸念を伝え、2017年3月に捜査が始まった。

マレアミコによると、橋の塔からコンクリ片が落下していたのにもかかわらず、橋を運営するアナスはアグリジェントの高架橋が崩落する恐れはないと請け合った。そこでマレアミコは、検察当局に朽ちた塔の映像を送ったのだ。

「検察が捜査を開始した直後、アナスは高架橋を閉鎖した」と、マレアミコの担当者は話す。

アナスの広報担当者は、捜査を受けて橋を閉鎖したのではないと話す。同社は当時発表した声明の中で、以前から大規模な補修工事を予定していたと主張。数カ月後、橋の一部通行が、軽量車両限定で再開された。

だが地元検察当局トップであるルイージ・パトロナッジオ氏の話はこれとは異なる。「橋が崩落する可能性があるとみて、介入した」と、同氏は語る。「アナスに連絡すると、技術者を説明によこしたが、その技術者らが、橋は危険だと断言した。そこで、われわれの助言をもとに、アナスは橋を閉鎖したのだ」

ジェノバでは、担当検察官のドビディオ氏が、これまで橋の状況について捜査するよう、正式な申し立てを受けたことはないと言う。

この大惨事の刑事責任を負うべき人物がいるか地元検察官が捜査しているのと並行して、イタリア政府は、国内全土のインフラ、特にモランディ氏のデザインによる老朽化した橋を中心に、安全確認を行うと表明した。

ベニス大学で構造分析を専門にするジャンカルロ・ビロッティ教授は、老朽化しつつも明確な構造的問題点が表面化していなかったジェノバのような橋の場合、崩落を予見することは難しいと話す。「どうしたいというのか。すべての高速道路の橋を閉鎖するのか」

(Stefano Bernabei記者, Elisa Anzolin記者、Valentina Za記者、翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below