January 25, 2019 / 6:36 PM / 6 months ago

イタリア首相、独仏を非難 「欧州をだましている」

[ローマ 25日 ロイター] - イタリアのコンテ首相は25日、フランスとドイツが自国の国益を追求している一方で、口先だけは欧州寄りの表現をしていると非難した。

コンテ首相は現地紙コリエレ・デラ・セラのインタビューで、ドイツとフランスが「それぞれの国益のみを考えている」と指摘。ドイツの国連安全保障理事会常任理事国入りへの支援を確約した両国間の新条約締結に対し、憤りを示した。

さらに1990年代初頭以降、国連安保理の常任理事国にはドイツではなくEUが選任されるべきという大筋合意があったと主張し、「両国はわれわれをだましている」と述べた。

また両国がイタリアの造船会社によるフランスの競合企業買収を阻止した件に触れ、両国は金融や産業における国益を守るために欧州寄りの表現を使って偽装していると批判。「われわれはこれらの事柄を大きな声で叫ぶべきだ。われわれが口に出さなければ、黙っていたことに対する歴史的な責任を負うことになる」との見方を示した。

コンテ首相は世論調査で政権支持率が約60%に上るとし、「欧州のどの政権もわれわれの支持率には達していない」と強調。「われわれが劣勢にあるような振る舞いをすべきという考えは受け入れない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below