May 20, 2018 / 11:29 PM / 4 months ago

イタリア2政党、党員が政策合意支持 首相候補で合意

[ミラノ 20日 ロイター] - イタリアの極右政党「同盟」と大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」は、連立政権樹立のための政策合意について党員投票を実施し、9割超の支持が得られたことを明らかにした。また、両党の党首が首相候補で合意したことも分かった。

 5月20日、イタリアの極右政党「同盟」と大衆迎合主義(ポピュリズム)政党「五つ星運動」は、連立政権樹立のための政策合意について党員投票を実施し、9割超の支持が得られたことを明らかにした。写真は、同盟のサルビーニ書記長。ローマで4月撮影(2018年 ロイター/Alessandro Bianchi)

同盟と五つ星は18日、数十億ユーロの減税や貧困層の福祉への追加支出、年金改革の撤回などを盛り込んだ政策合意を公表。

五つ星が同日行ったオンライン投票では、参加した約4万5000人の支持者の9割以上が合意書を支持した。

同盟は週末にイタリア全土で約1000カ所の投票所を開設。投票した21万5000人の支持者のうち91%が政策合意に賛成票を投じたと発表した。

同盟のサルビーニ書記長は20日、両党が首相候補を巡る協議を終了したと明らかにし、「バランスのとれた」人物であることを確認した。また、候補は自身でも五つ星運動のディマイオ党首でもないとした。

ディマイオ氏は、両氏が合意した候補は「国民の友」だと述べた。いずれも首相候補の名前は明らかにせず、まずはマッタレッラ大統領に報告するとした。両党首は21日に大統領と面会する見通しで、政策合意と首相候補について大統領の承認を求める。

五つ星はこれまでにマッタレッラ大統領に対し、法学教授のジュゼッペ・コンテ氏の指名を提案しており、同氏が最有力候補とみられている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below